ウェイクアップ・コール

Vector illustration of Cartoon Rooster crowing at dawn

モーニングコールだ!

私たちは皆、同じように輝く太陽の下を浴び、一日の砂時計の砂は誰にとっても平等に流れる。 この存在という共有空間の中で、私たちの未開拓の可能性は、私たちが自ら課した制限をはるかに超えている。 達成を妨げている原因を突き止めるとすれば、それは多くの場合、身近な犯人である言い訳にある(白状すると、私にも言い訳のカタログがある-私も例外ではない)。 しかし、変化を生み出すためには、エネルギーの必要性を避けて通ることはできない。 残念ながら、楽な近道はない。

その方法と理由:これは人によって大きく異なり、その人のエネルギー的な隔たり、つまり精神的な意識と肉体的な意識の隔たりの広さによって決まる。 このギャップが広ければ広いほど、私たちは行動しない理由をでっち上げたり、有害なライフスタイルやネガティブな思考のループに固執したりしやすくなる。 時に私たちは、肉体的な旅に出る前にゴールラインに到達しようと、頭の中で先を急ぐために精神的なエネルギーを費やすことがある。 このようなメンタル・スプリントは計画立案に役立つツールではあるが、特定の成果とは関係のない、純粋で有意義な経験を阻害する可能性がある。

エネルギーの概念をより深く掘り下げるために、東洋医学における脈診について考えてみよう。 もし私があなたのエネルギーを “見る “能力があると主張したら、それは真実とは言えないだろう。 その代わりに、私はあなたの放射状の脈拍を調べることによって、あなたのエネルギーを知覚し、「見る」。 東洋医学の脈のとらえ方は、西洋医学とは大きく異なる。 大きく感じるか、細く感じるか、ざらざらと感じるか、ひょろひょろと感じるか……といった感触的なものだけでなく、リズムや深みにも注目する。 脈診は開業医にとって簡単なことではないし、私も決してマスターしたわけではない。 周囲の世界に自分を同調させ、最小限のエネルギーギャップを保つという微妙なバランスが必要なのだ。 この状態を強制することはできない。

脈拍には、個人の真の健康状態を映し出す品質、つまり容易に見分けられる「ギャップ」を求める。 私は、うつ病と闘っている人たちからよくそれを感じる。 不思議なことに、うつ病は常にネガティブなものではなく、内省のポジティブな段階だと私は認識している。 それは内なる旅であり、内省の一形態であり、深く建設的なプロセスとなりうる。 多くの場合、私の役割は中立であるため、このことを患者に話すことはない。 真の学習には、内省、自己修正、そして否定的な認識を健康のための肯定的な青写真に置き換えることが必要であり、東洋医学はそれを提供する。 知覚的な身体への意識を高め、理想的な健康状態を、定期的または時折のトリートメントによって実現する。 第二に、東洋医学の核となる信条は「未病を治す」という考え方である。

ギャップを埋める:これは真の友情や利他的な努力によって達成できる。 エネルギッシュなギャップを埋めるには、自分自身のために何をするかよりも、他人とどう関わるかにかかっていることが多い。 その核心は、まず他者の人生を豊かにすることなしには、真に自らを助けることはできないという考え方にある(このことを少し考えてみてほしい)。 物質的な富を蓄える人のことを考えてみよう。多くの場合、こうした財産は根底にある空虚さを覆い隠す仮面のような役割を果たしている。 私は、物質的な豊かさが望ましくないと言っているのではない。むしろ、これらの所有物を欲望ではなく、ニーズとして捉えることが有益なのだ。 表面的な装飾を捨て去ると、私たちはたいてい、愛情に満ちた家族、親しい友人、そして健全な幸福という豊かさを見出す。 あなたの一日がポジティブな出会いで満たされ、感情的にも肉体的にも良いエネルギーが銀行口座を循環しますように!

*十分なエネルギーがあれば、それを惜しみなく享受することができる。 適度に破壊的な習慣があっても、それに対抗し、そこから教訓を得るだけの回復力があれば、本質的には有害ではないかもしれない。 完璧な純潔はめったに見つかるものではないし、時には最高の仲間が立派な罪人であることもある!

**ギャップを埋めるという行為を探求してきたように、未知に根ざした体験から人々を遠ざけるのは、しばしば恐怖心である。 恐怖は絶大な力を持ち、株式市場、住宅動向、政治、そして医療を導いている。 恐怖心があれば、人は容易に資源を投入する。

 

Leave a comment