予防は治療に勝る

spiral-clock-face

伝統的な東洋医学の最大の長所のひとつは、現在の症状を過去の経験や将来の幸福と結びつける深い能力にある。 この診療の中心は、患者固有の体質を理解することに深く重点を置くことである。 これらの貴重な洞察は、個別の治療アプローチを形成するだけでなく、ライフスタイルの選択に関して提供されるカウンセリングの指針にもなる。 例えば、顔立ちの魅力的な相互作用は、その人の体質を知る窓となる。

例えば、繊細な唇、小柄な目、色白の人は、消化器系の問題、アレルギー、婦人科系の問題、四肢の冷え、エネルギーレベルの変動など、さまざまな健康上の問題を抱えやすいかもしれない。 加えて、スポーツに関連した怪我を頻繁に起こしやすいのは、生来的に無理をしやすい体質だからかもしれない。

人の体質を根本的に変えることはできないということを認識することが重要だ。 とはいえ、私たちは、個人の体質に合った効果的な健康管理方法について、貴重なガイダンスを提供することができる。 この領域では、本質的に「悪い」体質というものは存在しない。ある人にとっては有害であっても、別の人にとっては活力の源になり得るからだ。 伝統的な東洋医学のアプローチは、根本的な弱点に対処し、不足しているものを補強し、回復力を養うことに重点を置いている。

私たちのクリニックを彼らの存在で飾った患者たちは、一般的な健康状態が改善されただけでなく、人間関係が改善され、家族の調和が深まったと報告することが多い。 自分の体質を深く理解することが羅針盤となり、不調が忍び寄るのを感じたら、十分な情報を得た上でライフスタイルを調整することができる。 どんな小さな変化も、幸福への積極的な一歩となり、自分の健康を語り続けるための予防策となる。

最終的に、当クリニックを受診するか、より健康的なライフスタイルを目指す旅に出るかは、個人の選択です。 しかし、正しい方向へのわずかな前進であっても、長期にわたって継続的に行うことで、健康面で目覚ましい効果が得られることを認識することが肝要である。 逆に、小さな失敗の積み重ねが、健康を損ない、人生を不利に導くこともある。 伝統的な東洋医学の領域では、こうしたポジティブな健康法と生活習慣は、次のような概念に集約されている。 “養生” (日本語では「遊星」)。 “命を養う” 太極拳、気功、鍼、灸、古典漢方処方など、これらの修練法は多岐にわたる。

大きな健康問題を抱えた私を、さまざまな局面で助けてくれたスティーブンにとても感謝している。 しかし、私が彼の鍼治療から得たものは、鍼治療が素晴らしい予防医学でもあることを理解したことだ。 現在では6週間に1度、定期的にスティーブンを訪ねて治療を受けている。 私の健康状態はかつてないほどいい。 ありがとう、スティーブン。

Leave a comment