夏場のカバーリング(雨漏りの可能性を補修すること)

Leaking bucket

 

 

東洋医学の言葉は、紙の上では必ずしもうまく翻訳されない。 長年日本に留学した経験から、言葉は交流にとって二の次であり、知識は経験にとって二の次であると実感している。 このアプローチでは、アプリケーション、対応方法、経験の両方が主な焦点となる。

 

これをもう少し詳しく言うと、実際の経験(病気)よりも、特に治療を受ける側の経験よりも、アプリケーションの方が優れていなければならない。 これが整ったとき、私たちは本当に “鍼の技術 “と呼べるものを手に入れることができるのだ。

 

夏場のカバーリング(雨漏りの可能性を補修すること)

 

私のクリニックに初めて来られた方、特に背中の問題やお腹の反対側の問題で来院された方によく聞かれるのですが、なぜ顔を上にして治療するのですか? (新患の場合、私が診察する前にうつ伏せになることも珍しくない)。 理由は2つある。 まず橈骨動脈の脈の質を調べたい。 第二に、そしておそらく最も重要なことだが、腹部全体には私たちの生命維持に必要な臓器がすべて収まっており、これと同様に東洋文化では、この部位は気の修養の流派では丹田と考えられ、東洋医学では原と呼ばれている。

 

上半身の運動が犠牲になり、軽視されがちな重要な部位だ。 例えば、考えすぎや携帯電話とのにらめっこなどが考えられる。 これらすべてが、体内の潜在的なエネルギーを奪い、体内のエネルギーを過剰にし、体内の潜在的なエネルギーを不足させている。

 

漢字の “同化 “はオーバーコートの補修を意味する。 考えてみれば、何かを補修したり修理したりするということは、良いものが外に漏れるのを防いでエネルギーを節約するということなのだ。 これが東洋医学の背景にある予防と治療の本質的な側面である。 これは非常に重要なことだ。

 

トーニフィケーションについて考えるもう一つの方法は、冷たいタイル張りの床(ここスペインでは非常に一般的)の家の中を歩くときに、足に何かを履くという行為である。 環境認識は非常に主観的なものだ。 それは個人による。 通常、私の経験では、内面的に冷え切っている人ほど、外部環境に対する認識が希薄になる。 だから、家の中でタイル張りの床の上で足に何かを履き始めたら、しばらくしてまた裸足で歩こうと思ったら、外部の冷たさを「感じる」ようになる。 なぜなら、それを知覚するためのエネルギーがより多くあるからだ。 昨日、私のクリニックに長期にわたるコビド病の患者さんが来たのだが、彼は日頃から裸足で家の中を歩き回っており、ジュースを飲めば治ると思っていたようだ(6ヶ月間飲んでも改善しなかったにもかかわらず)。 3日後、彼は元気になり、そうだね、今は床が冷たく感じるよ、と私に言った!

 

同じような理由で、私たちは多くの気を漏らしており、皮膚の毛穴が開いているため、特にエアコンをつけていると非常に冷えやすい。 実際、この夏、私は風邪の人をたくさん診ていて、特に腎臓にお灸をたくさん使っています。 お灸は温かいものだが、暑い気候でスパイシーな風味を味わうことを考えれば、熱で気を引き締めたり、手当てをするのは理にかなっている。

 

自分のコンフォートゾーンを知る。

 

暑すぎても寒すぎてもよくないので、快適な環境は必要だが、自分の限界を知っておくのはいいことだ。

 

もし私が猫を袋から出したり、部屋の中の象を取り上げるなら、私は基本的に、自分のコンフォートゾーンの中でじっとしていて、その外にある他のものを探検しないことについて話しているのだ。 それがあなたの演奏する曲なら構わないが、一般的な健康や幸福の観点からは、必ずしも良い選択とは言えない。 暑い季節でも、首にゆったりとした綿のスカーフを巻けば、首や肩の凝りを防ぐことができる。 こうすることで、首のコリや頭痛、集中力の欠如などにつながる潜在エネルギーの漏れを防ぐことができる。

 

私たちの選択は、主に知覚と意識によって決まる。 間違った選択は良い選択に見せかけることができるし、その逆もしかりである。 私のように太極拳や気功をたくさん練習しているなら、意識を高めて気の漏れを防ぐことができる。 私は時々少し教えているが、ほとんどの人は不吉な予感や “始めたときよりも緊張している “と感じ始めると、その場から逃げ出したくなるものだ。 これはトレーニングの成果である。 それが結果であり、トレーニングが良かったということだ。 また、通常は通過する。 なぜですか? なぜなら、健康と幸福は改善されるが、新しい環境に適応するには時間がかかるからだ。

 

もうひとつ、太極拳をあまり練習しない人たちを見ていると、短パンにTシャツでやっている。 脚や上半身は非常に漏れやすい。 私が強調していることに近づくために、ぜひ読み進めてほしい。

 

前述したように、家の中で靴を履き始めるか、古い習慣に戻るかだけだ。 健康維持はとてもシンプルだ。 唯一の真の障壁は、健康保持を追求する人と、変化の過程に従うことへの抵抗である。

 

下腹部、丹田や原を理解する最良の方法は、何か有用なものが入っている器だと考えることです。もしその器の強度が十分でなかったり、穴が開いていたりすると、いくら気やエネルギーを入れても漏れてしまいます。そう考えると、太極拳や気の修養法のほとんどの側面は、この器をより強くするための方法ということになる。また、訓練中ほとんどの場合、上半身に重点を置いていません。

 

終わりに

鍼治療は一般的に、体全体の陽気の放射と循環を高めることに取り組む。 優れた鍼灸師は、そのために最も繊細で敏感なアプローチを用いる。 外側の身体は内側の反映に過ぎず、食べ物は内側の腸に入り、空気は内側の肺に入る。 そのすべてが皮に包まれている。 皮膚はおそらく、知覚的な意識の最初の寄港地であり、したがって循環と放射線は、内部を封じ込めるための身体の方法なのだ。 従って、「調気」とは「漏気」と相対するものであり、一方、健康維持と長寿は(「調気」の)結果を表すものである。

 

** 2003年頃、太極拳のトレーニング中にエドワード・オバデイ先生と会話。

 

Leave a comment