東洋医学

東洋医学とは、指圧、鍼、灸、漢方薬、シャーマニズム的要素、そして太極拳のようなさまざまな武術や瞑想法を含む、さまざまな実践法の総称である。 西洋医学とは異なり、東洋医学では特定の病気ではなく、その人の健康全体を考慮し、体内のエネルギー「気」の流れをバランスよく調整することで、全身の健康状態を改善する。 この流れの乱れが体調不良の原因と考えられている。 日本では、東洋医学は1500年以上の歴史があり、他のアジア諸国とは比較にならないほど高い水準で発展してきた。

潜在能力の最大化

欧米では、健康はしばしば “そこにある “商品であり、薬や健康補助食品、ギミック満載のダイエットといった “解決策 “の形で手に入れられるものとして紹介され、販売されている。 しかし、これらは多くの場合、本来健康であるはずの身体や免疫系にとって、緩衝材や抑制剤としてしか機能しない。
“不調”
は、身体自身が個人に対して気づきを与える方法である。 症状は反省すべきものであり、尊敬すべきものである! 東洋医学は、真の健康は自己生成であり、症状と豊かで充実した人生を送りたいという潜在的な願望をつなぐ架け橋となるという考えに基づいている。

ご予約はこちら

ご予約は、新しいアプリをダウンロードしてKeep in Touchをご利用ください!