鍼治療

日本語では鍼灸を「しんきゅう」と呼ぶ。 鍼治療に関する最古の記録は、紀元前200年頃に遡り、古代中国の有力なテキストである『黄帝内経』に記載されている。 興味深いことに、この歴史的記録には鍼と灸の区別がない。 鍼治療は、身体の経絡に沿って「気」として知られる生命エネルギーの流れを調和させ、強化するように設計されています。 極細の鍼を巧みに操ることで、鍼灸師はこのエネルギーを導き、栄養を与え、あらゆる欠乏や不均衡に対処することができる。

すべてをつなぐ

東洋医学の領域では、私たちは多様なツールを活用し、マッサージは潜在意識を奮い立たせ、軽視されている部分に注意を向けさせる基礎的な実践として役立っている。 ShinSei鍼灸治療院では、指圧、ドアイン、あん摩マッサージなど、患者様それぞれのニーズに合わせた様々なマッサージテクニックを提供しています。 指圧は「指」と「圧」を組み合わせた技法であり、あん摩は「按」と「摩」を組み合わせた技法である。 さらに、ドゥーイン(導引)には、「導く」(導)と「先導する」(引)という方法が含まれる。 これらのマッサージ法は、身体のエネルギーの流れを最適化することを目的としており、単独で、あるいは鍼灸と組み合わせて用いることができる。